Our Story

初めまして、HAYATOKURATAの代表倉田速音と申します。

私は、尋常性白斑です。

この病気は紫外線に当たることが難しいため、

外に出る際紫外線対策を人一倍念入りにしなければいけないのです。

また、症状として皮膚が斑点模様になり、視覚的に目立つため周囲の人から、

見られることも多くあります。 このような理由から、病気の症状だけでなく、

自分に自信を持てないこともありました。

そんな私が高校入学後ファッションに出会い自分に自信を持てるようになりました。

そこで病気とファッションを掛け合わせできたのがHAYATOKURATA です。

_DSC0363.jpg

Concept

HAYATOKURATA の目指す場所

私たちはすべての人が太陽の下で楽しめる社会を作ることを目指して服を作っていきます。 環境やコンプレックスに関係なく、個性を活かせる社会をファッションでお届けします。

尋常性白斑とは

尋常性白斑とは皮膚の基底層に分布するメラノサイト(色素細胞)が何らかの原因で減少・消失する後天性の病気です。 メラノサイト(色素細胞)は紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素を産生しますが、その減少、消失により皮膚の色が白く抜けていきます。

​※日本皮膚科学会HPより

HAYATOKURATA-2.webp